美容液は何の意味があるのか?私に必用なのか?なそ、疑問に思っていませんか?

美容液は、目的をもって使用することで、役割を実感します。

自分お肌を輝かせてくれる正しい美容液についてお話します。

 

<目次>
・保温に必要なのはずばり、セラミド!
・優秀な美容液を一年を通して使う

 

保温に必要なのはずばり、セラミド!

健康な肌は、肌表面の角質層に約30%の水分を含んでいます。

この水分量が30%より少なくなった状態が、乾燥肌です。

さらに10%以下になると、肌がとても敏感になります。

肌の水分量を左右するのは、セラミドという物質です。

脂質の一種ですが、水とも結合できるすぐれた性質があり、肌内部に水分をとじこめる働きをしています。

ただしその量は年齢とともに減っていくため、セラミド入り美容液で補う必要があります。

セラミドには及びませんが、ヒアルロン酸などの成分にも保湿効果があります。

美容液を買うときは、これらの成分が入っているかをチェックしましょう。

 

優秀な美容液を一年を通して使う

美容液は、スキンケアのメインとなる重要なアイテム。

セラミドなどの保湿成分を含むものを、基本の1本として用意します。

肌に合う1本が見つかったら、むやみに買い替えてはダメです。

シーズンごとに替える必要もありません。

シミ・シワの予防など、さまざまな効果をうたった美容液がありますが、1本で保湿も美白もシワ対策も、というのはむずかしいものです。

保湿以外の作用を期待するなら、有効成分がしっかり入ったものを、もう1本別に用意しましょう。

2本の美容液を使うときには、さらっとしたものを先に、コクのあるものをあとに塗るのがポイントです。