保湿ケアをやっても美肌になれない方は、一度洗顔を見直してみては如何でしょうか?

洗顔は保湿ケアと同じぐらい大切なんです。

間違った洗顔法は、肌に負担をかけてしまってます。

肌のトラブルを防ぐ、夜と朝の洗顔法についてお話します。

 

<目次>
・「肌をいたわる洗顔法」は肌ダメージのもと
・洗いあがりのめやすは、「さわるとキュキュッ」

 

「肌をいたわる洗顔法」は肌ダメージのもと

「洗顔で皮脂をとりすぎると、乾燥やシワの原因になる」という説があります。

そのため「朝はお湯で流すだけで十分」とか、「しっとり系の洗顔料のほうがよい」と考える人が多いようです。

でも、これは誤り。

こうした洗顔法では、肌に皮脂が残ってニキビができたり、酸化した古い皮脂が肌の老化を進めてしまうことになるからです。

肌に皮脂が残ったままだと、その後につける化粧水などの成分も浸透しにくくなります。

メイク汚れのない朝でも、眠っている間に皮脂は分泌されています。

乾燥肌の人も、朝、晩の洗顔は洗顔料を使ってきちんと汚れを落としましょう。

 

洗いあがりのめやすは、「さわるとキュキュッ」

洗顔の基本は、汚れを泡で包みこんで落とすことです。

洗顔料は、肌にのせただけで汚れを落としますから、こすりすぎると肌をいためます。

また長時間肌の上にのせていると、やはり肌へのダメージになります。

そこで重要なのが、洗う順番。皮脂量が多いTゾーンからはじめ、Uゾーン、皮膚が弱い目もと、口もとの順に泡をなじませ、ぬるま湯でていねいに流します。

指でさわって、キユッというくらいの洗いあがりなら、しっかり洗えています。

朝と夜、季節、メイクの濃さなどに合わせて洗顔料を使いわけるのもよいでしょう。

皮脂量や汚れが多いときは、洗浄力が強めの石けんを使います。