クレンジングって大切なの?

メイク落としを、おろそかにしている人が多いようです。

毎日のメイク落としだから、間違ったクレイジングが、肌のトラブルの原因になるのです。

クレンジングをおろそかにしている人は、一度見直した方がいいでしょう。

やってはいけない、クレンジング&洗顔についてお話します。

 

<目次>
・ていねいなクレンジングほど肌をいためる
・急増する「思いこみ敏感肌」。原因はクレンジング?

 

ていねいなクレンジングほど肌をいためる

スキンケアの基本は、肌の汚れを落とすことだといわれます。

メイクをして一日過ごしたあと、時間をかけてクレンジングして、さらに洗顔料で洗うのが一般的ですが、じつはこのプロセスのなかで、もっとも肌に負担をかけているのがクレンジングです。

メイクアップは、いわば油性の汚れです。

この人工的な汚れを落としやすくするためのメイク落としは、皮脂などの自然な汚れを落とす石けんや洗顔料よりも強い洗浄力をもっています。

そのぶん肌への負担は当然大きく、また、時間をかけてこするほど、強いダメージを与えることになってしまうのです。

 

急増する「思いこみ敏感肌」。原因はクレンジング?

健康な肌は、表面にある角質層で外部の刺激から守られています。

これをバリア機能といいますが、角質層が薄かったり弱かったりしてバリア機能が低下した状態を、敏感肌といいます。

敏感肌には、生まれつきのものと、間違ったスキンケアなどで自分でつくってしまうものがあります。

後者の敏感肌タイプは、いわゆる「思いこみ敏感肌」。

とくに、肌への負担が大きいクレンジング剤を使って角質層をいためているケースがとてもめだちます。

【こんなクレンジング&洗顔は、肌コンディションの悪化のもと】

・マスカラや□紅は専用リムーバーで
NGの理由:ポイントリムーバーは刺激がとても強い。こすりすぎるとシワの原因にも

・クレンジングしながら念入りにマッサージ
NGの理由:メイク落としは肌に負担がかかるものなので、ふれる時間が長いほど肌がいたむ

・肌にやさしい洗顔料でうるおいをキープ
NGの理由:しっとりタイプの洗顔料は肌に油膜を残すため、化粧水などが浸透しにくくなる

・メイクも汚れもこれ1本で!
NGの理由:洗浄力が強いぶん、肌をいためる成分も多い。とくにシートタイプは摩擦刺激で肌がいたむ

上記のように、誤ったクレンジング法をしている人は、まずクレンジングを見直すことからはじめましょう。