ご存知の通り、乾燥肌は読んで字の通り、肌のうるおいや水分が不足している状態です。

乾燥している肌には、グレンジングをしたり、セラミド配合の美容液をつけたり…。

しかし、間違った情報を聞いたり、勘違いしてたりして、やってはいけないスキンケアをしている人がいます

乾燥肌のスキンケアで、やってはいけないことについてお話します。

 

<目次>
・ポイントメイクリムーバーを使っている
・リキッドやクリームタイプのファンデーションを使っている
・乾燥しているときはスプレー化粧水で水分補給
・シートポックやコットンポックで氷分補給
・水は1日2Lを目安にとる
・飲むセラミドを愛用している

 

ポイントメイクリムーバーを使っている

目もとは皮膚が薄いため、刺激を受けやすく、とくに乾燥する部分。そこにポイントメイクリムーバーのような刺激の強いものを使用すると肌が乾燥し、使い続けていると肌あれなどのトラブルを引き起こしてしまうことも。
アイメイクはスキンケア用のオリーブオイルなどでやさしく浮かせて落としましょう。

 

リキッドやクリームタイプのファンデーションを使っている

乾燥しているからといって、リキッドやクリームタイプのファンデーションを使っていませんか?とよく聞かれます。

これらは油分と水分を混ぜるために界面活性剤が使用されており、肌に長時間つけていると、セラミドなどの肌の保温物質を溶かし出してしまいます。

リキッドやクリームタイプのファンデーションは、つけたときはしっとりした感じがしますが、毎日使い続けると、かえって乾燥してしまう原因になります。

一般的にパウダーファンデーションのほうが添加物は少なく、肌にはやさしいでしょう。

 

乾燥しているときはスプレー化粧水で水分補給

化粧水やミネラルウォーターなどの水分は、肌につけても時間がたてば蒸発し、そのときに肌のうるおいまで奪ってしまいます。

何度もスプレーするとかえって肌は乾燥します。

化粧直しで保温するなら、メイクの上から美容液を少量なじませるように塗りましょう。

 

シートパックやコットンパックで氷分補給

シートタイプのパックでは、表面から水分が蒸発してしまいます。

また、化粧水などの水分をコットンパックで浸透させても、肌に水分をつなぎとめるセラミドなどの保温物質が不足していれば、水分パたちまち蒸発してなくなってしまいます。

保温パックをするのなら、上からの水分の蒸発を防ぐ石膏状に固まるタイプのものがおすすめです。

パックのあとで、保温美容液でセラミドを補給し、しっかり水分をキープしましょう。

 

水は1日2Lを目安にとる

「空気が乾燥しているところでは水分を多めにとる」という人がいますが、たくさん飲んでも、それが染み出して肌のうるおいになるわけではありません。

のどが渇いているわけでもないのに無理に水を飲めば、トイレが近くなったり冷えやむくみの原因になります。
「美肌のためには1日2£水を飲むのがよい」というのは俗説です。

 

飲むセラミドを愛用している

飲むタイプのセラミドなど、美肌サプリメントが多く売られています。

でも、口からとったセラミドは、腸で分解されてしまい、そのまま肌のセラミドにはなりません。

セラミドは飲むのではなく、肌に塗ってこそ効果があるのです。