スキンケアをやってるのに、なかなか肌の調子が良くならないって方おられますよね。

スキンケアをしても、結果があらわれない方は、三面鏡が原因だと言われています。

三面鏡とは、内臓、環境、心の3つのことを言います。

この3つの三面鏡の見直すことで、お肌が改善することがあります

3つの三面鏡についてお話します。

 

<目次>
・内臓とお肌について
・環境とお肌について
・心とお肌について

 

内臓とお肌について

漢方では、内臓が悪いと、肌がくすんだり、クマがでたりする言われます。

内臓が悪いと、肌に現れやすいのです。

よく、胃腸の調子が悪かったら、唇が荒れたり、唇のまわりが腫れたりしますよね。

内臓の状態が悪いと、お肌も荒れやすくなりますので、内臓の調子を見直すことが大切です。

 

環境とお肌について

お肌は、環境によってとても左右されます。

ヘビースモーカーの彼と一緒にいる人とか、職場でエアコンがガンガンにきいているとか、交通量の多い、排気ガスの近くに住んでいる方などはどうしても肌に影響を与えます。

お肌は環境に左右されることを知っておいてください。

 

心とお肌について

ストレスはどうしても肌に影響します。

ストレス社会ですから、避けては通れない事なんですが、できるだけストレスを発散する方法を見つけて、ストレスをためないようにしましょう。

この3つの三面鏡をできるだけ軽減して、スキンケアに勤しめば、必ずスキンケアの効果はでてきますので、毎日コツコツと肌のお手入れを心がけましょう。